スポーツ障害の予防法

お子さまのこんな症状や訴えでお悩みの方はご来院ください。

スポーツ障害の予防法

スポーツのイメージ
スポーツ障害は身体の使いすぎが原因であるため、症状を抑えるだけであれば安静にしていれば治ってしまいます。
しかし、当然の事ながら運動を再開すれば症状も再発します。


スポーツ障害には適切な治療を受けるだけでなく、
スポーツ障害を起こしにくい身体の使い方(正しい運動方法)を理解し、無理なく実行(予防)してもらう事が大切です!


これは一見あたりまえのように思えて、実は大変難しい事なのです。
通常行われている教本通りの指導で良いのであれば、体育の授業での指導で十分だという事になります。
筋力のアンバランスが原因だというのであれば、筋トレの本の通りに運動をすれば良いという事になります。
では、なぜスポーツ障害は絶えないのでしょう?

スポーツのイメージ
運動技術には物理的側面心理的側面の二つがあると言われています。
当院では心理的側面に着目し、無理することなく同じ努力感で成果を上げる指導をいたします。
心理的側面と言っても根性論ではありません。
意識の改善をすることにより身体の中心(コア)の使い方を覚え、運動の成果を上げ、スポーツを楽しみながら正しい運動方法を身につけてゆきます。


身体の各所に無駄な負担をかけることなく運動が行えるようになるため、スポーツ障害の予防ができるという結果につながるのです。


意識の個人差は必ずあるものなので、うまく意識できないと辛い努力を強いられる事になります。
またそれを改善しなければスポーツ障害に繋がる確立も上がる事になるのです。
(意識の改善が重要なのでコツが分かるまでは理解不能だと思います。)


当院では、自身がアスリートとして活動してきた経験を生かしアスリートの立場で考え、スポーツ愛好家からアスリートまで「ケガの早期改善・予防の為の身体作り」を指導するだけでなく、意識の改善方法・楽に動ける身体の使い方を指導しパフォーマンスアップのサポートまでさせて頂きます。

お子様の成長を応援します!

小中学生、高校生など、部活動でスポーツを行っているお子さまのケアもおまかせください。
特に成長期のお子さまは、成長痛(オスグッド)などの症状で、痛みや炎症を起こしスポーツができなくなることがあります。

当院では、早期に痛みを改善するため、スポーツを休むことなく治療が可能です。
またスポーツによるケガや障害も、早期に治療を行うとともに、その後のメンテナンスや指導により、ケガや障害を起こしにくくなります。
また、個々に効果的な身体の動かし方も指導し、スポーツのパフォーマンスを高めます。

お子様のスポーツケア成長痛のイメージ
お子様のスポーツケア成長痛のイメージ

運動指導

バランス歩行法
バランス走行法

スポーツマン・アスリート向けに希望により指導いたします。

ストレッチ

バランスストレッチ

肩および腰周りのストレッチがあり、肩こりや腰痛の予防・スポーツにおける怪我の予防に非常に効果的です。
当院で指導する基本のストレッチになります。
一人でも簡単にでき、痛みを伴わず驚きの効果を体感できると思います。

ファンクショナルストレッチ
ファンクショナルストレッチのイメージ
筋肉には伸張反射というものがあります。
反射は刺激に対する自動的・不随意的な反応で、本人の意識とは無関係におこるものです。これは筋が強引に伸ばされたり、急激に伸ばされることから、筋と関節を守るために働くもので筋は収縮します。
また逆の伸張反射というものもあり、これは筋の伸張反射と反対の効果を持ち、筋は弛緩します。
ファンクショナルストレッチでは  「逆の伸張反射」を利用  するため、痛みを伴う事なく効果的にストレッチできるのです。
当院では必要性に応じ施術に取り入れています。
〔解剖学的には、筋の固有受容器「筋紡錘細胞」が筋の長さと緊張度を監視し、筋が急激に伸ばされると「筋紡錘細胞」が刺激されて反射的に筋を収縮させ、それとは反対に筋腱移行部と腱に位置するストレッチの受容器である「ゴルジ腱器官」が腱にかかる負荷の大きさを監視し、負荷の大きさにより「ゴルジ腱器官」が刺激されその反射として筋が弛緩されるのです。〕

テーピング

キネシオテーピング

患部を固定するのではなく、筋肉の伸びを制限することで痛みの緩和・予防をします。
伸縮性のテープを用い筋肉の走行に沿うように貼り、皮膚刺激や筋肉のサポートによって症状の緩和・予防をするものです。
近年ではアスレティックトレーナー等もサポート・テーピングといった形でスポーツ現場に取り入れている技術です。

スポーツテーピング

ガチガチに固定するものではありません。
『大相撲名古屋場所救護班』『すごう高原ラグビー合宿救護班』『近畿地区バレーボール大会救護班』とメジャーなスポーツ現場にて研鑽し、ファンクショナルテーピングも取り入れた独自のテーピングです。
通常、テーピングというと非伸縮性のホワイトテープが基本になりますが当院では基本的に伸縮性のテープを用います。
特殊な巻き方により効果的かつテープの使用量が少なくすむように考えられているため、激しいスポーツの際にテープの厚い部分が食い込んで痛むという二次的な問題がありません。

また伸縮性のテープを使用する事により「すこし激しいスポーツをしたらテーピングの固定力が落ちた・緩くなった…」というような事もありません。
足関節のテーピングなどは、不安動作に対する安定感・動きやすさに驚かれると思います。
固定そのものが厚手になりにくく動きやすいため、足関節の捻挫をされた場合の固定にもお勧めです。

  • スポーツテーピングのイメージ
  • スポーツテーピングのイメージ
  • スポーツテーピングのイメージ
まほろば接骨院 ホームページを見たとお伝えください 0532-56-7400 診療時間:8:30~12:00、15:30~19:30 休診日:日曜、祝日、祭日、水・土曜午後 前田二丁目バス停より徒歩1分(豊橋駅3.4番バス乗り場にて乗車) ※アピタ向山店さんから豊橋駅に向かい信号2つ目かど

新着情報

一覧を見る

2017/08/24

臨時休診のお知らせ
大変ご迷惑をおかけしますが、8月26日(土)はセミナーに参加するため休診させて頂きます。ご理解のほど...

2017/08/15

臨時休診のお知らせ
8月20~22日(日~火)の3日間は、全日本中学校陸上競技選手権大会の参加選手のケアに携わらせていた...

2017/06/23

臨時休診のお知らせ
大変ご迷惑をおかけしますが、6月24日(土)はセミナーに参加するため休診させて頂きます。ご理解のほど...

2017/04/14

臨時休診のお知らせ
大変ご迷惑をおかけしますが、4月15日(土)はセミナーに参加するため休診させて頂きます。ご理解のほど...

所在地 〒440-0865 愛知県豊橋市向山台町1-10 ホームページを見たとお伝えください 0532-56-7400

お問い合わせ 詳しくはこちら

ブログ更新情報

一覧を見る

2017/10/13

『まほろば接骨院』スタッフのブログ
【 秋です 】        今年の夏は、浜口京子、おかずくらぶ、ニッチエ&竹内涼真たくさんの芸能人...

2017/08/31

『まほろば接骨院』スタッフのブログ
【 ひよっこ 】 夕食を食べながらビデオしておいた<NHKのひよっこ>を家族で見るのが毎日の【お楽し...

2017/07/18

『まほろば接骨院』スタッフのブログ
【夏の思い出】 もうセミの声がきこえてきますね〜毎年この時期になるとエアコンがきいた涼しいリビングで...

2017/06/29

『まほろば接骨院』スタッフのブログ
【半年終わります  】 空梅雨といわれ、もうすぐ7月と思っていたら,この間の雨は凄かったですねまるで...